初めての北海道旅行で失敗しないために!押さえておきたい大事なポイント

北海道はとにかく広い!詰め込みすぎると失敗のもと

北海道旅行は国内でもトップクラスの人気を誇る旅行先です。雄大な景色や大自然の下で楽しめるアクティビティ、グルメなどの魅力が満載で、2度、3度と訪れるリピーターも少なくありません。初めて北海道旅行をする人は「せっかくだから札幌でグルメを楽しみ、小樽や函館、旭川、知床にも足を運びたい」などと考えがちですが、1週間ほどの旅行だと、その計画は無謀だと言わざるを得ません。北海道の広さは、行ってみると分りますが、本州とは桁外れの違いがあります。1週間程度の滞在期間であれば千歳空港から札幌に入り、札幌を拠点に、いわゆる道央圏のみの旅行でほぼ日程を消化してしまいます。

欲張らずにエリアを絞ることが大切!

北海道は札幌や小樽などの「道央」、旭川や稚内などの「道北」、小樽などの「道南」、帯広や釧路、北見がある「道東」の4エリアに大別されます。たとえば同じ道北エリアの旭川と稚内の距離は約260キロで、これは東京と長野の距離とだいたい同じです。北海道がいかに広いか、少しイメージがついたでしょうか。北海道を旅行する場合、1度目は道央エリア、2度目は道北エリアという風にエリアを絞って旅した方がいいでしょう。同じ北海道でもエリアによって様々な特徴があることが実感でき、効率的に観光地を回ったり、グルメやアクティビティを楽しむことができるはずです。北海道は本州に比べ公共交通機関が少ないので、札幌などの都市部を離れて観光をするならレンタカーが最適でしょう。道路幅が広いので夏場のドライブは最高ですが、冬は雪で道幅が狭くツルツル路面も出現しますので、注意が必要です。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です