東京から日帰りで行ける!癒されたいときは養老渓谷へ

都会の生活に疲れた人へオススメスポット

学校や仕事で忙しい日常生活を忘れて癒されたい人にオススメしたいのが千葉県です。東京からすぐ行ける、自然豊かな場所へ旅行に出かけてみましょう。その中でも滝やハイキングスポットなどで人気の高い養老渓谷をご紹介していきます。

自然豊かな養老渓谷へ行こう

千葉県の中心に位置する市原市と大多喜町にまたがり房総半島を横断し流れる養老川によって形成されたのが養老渓谷です。自然が豊かで、美しい滝、そばには遊歩道などもあって、ゆっくり歩くだけでも癒やしのパワーをもらうことができます。夏には新緑が溢れ、秋には紅葉を思う存分楽しめるスポットとして高い人気があります。比較的観光客が少ない冬も心静かに過ごせてオススメ。食べ物はお蕎麦がオススメです。養老川のきれいな水がありますので、美味しいお蕎麦が食べられます。

滝を巡ってパワーをもらおう

養老渓谷には約2キロメートルの滝めぐりコースが用意されており、オススメです。まず、「粟又の滝」は別名「養老の滝」とも呼ばれる、まさに象徴的な大滝です。横幅が広く、ゆるやかに滑り台を降りるように流れる雄大な滝です。そのほか、「千代の滝」「万代の滝」「昇龍の滝」「小沢又の滝」といった滝を楽しめます。

養老渓谷への行き方は?

養老渓谷へ行くには、車やバスも利用できますが、オススメは電車です。東京都内から電車で約2時間で行けます。JR京葉線、JR内房線を乗り継ぎ、五井駅で私鉄の小湊鉄道に乗り換え、養老渓谷駅で降りてください。養老渓谷駅の隣、上総中野駅にはいすみ鉄道という私鉄も走っています。小湊鉄道、いすみ鉄道は懐かしい雰囲気が残る田舎の電車、という感じで、都会での疲れを癒してくれます。ユニークな鉄道なので鉄道ファンや子どもたちも楽しめますよ。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です