冬にこそ楽しめる!北海道・東北のおすすめ観光スポット

北海道のおすすめ観光スポット

北海道の冬の風物詩と言えば、札幌の雪まつりとオホーツク海の流氷が挙げられます。オホーツク海に流氷ができるのは11月頃で、アムール川河口付近が発生場所となります。誕生した流氷は北風や海流に流され、北海道沖に到着することになります。1月の中旬頃になってからは、網走沖合にも姿を見せます。流氷群が近づくに連れて沿岸の海面も凍りはじめ、網走沖の海が白い大氷原になります。シーズン中には観光船も運行されます。上川郡の美瑛町白金には、冬に美しい姿を現す青い池があります。雪に覆われて池自体は凍りますが、白の世界に光が差し込んでキラキラ光輝きます。光の加減を上手に取り込むことで、絶妙な色合いの写真が撮れます。

東北のおすすめ観光スポット

青森県でおすすめの観光スポットが、八甲田ロープウェーです。湿原散策や高山植物のウォッチングなど、四季折々の自然を楽しめます。冬には樹氷ウォッチングやスキーもおすすめです。岩手県のおすすめの観光スポットとしては、岩山公園が挙げられます。遊園地やスキー場があり、展望台も設置されています。そこから盛岡市が一望でき、背後の岩手山の景色も堪能できます。当地から望む夜景は、日本夜景遺産に選定されています。因みに当地は石川啄木とも縁があり、銅像や歌碑が設置されています。樹氷で有名な山形県の蔵王では、雪上車に乗って樹氷散策ができます。白くそびえ立つ樹氷群の光景は、将に幻想的な景観を織りなしています。テレビや写真などで目にする機会が多い樹氷ですが、実物のほうが迫力が違うと訪れる人は口々に言います。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です